FC2ブログ

猫の気まま日記

毎日いろいろな事がありますが、それも人生。Tomorrow is another day。日々の心境書き綴ります。

*Admin

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ナルト疾風伝 第93話 『通いあう心』

ナルト疾風伝


相手の心。相手の心を読む。

ガマ竜から心のバイブスを感じ それを自分流に表現すればいいんじゃっ…ていうのが輪唱に繋がるわけですか(汗) う~~ん、なんていうか。こんなんでいいんですかね^^
ナルトもガマ竜から何か感じ取ったみたいで、とりあえず新術開発のメドはたったってことでどうですか、自来也さま??

でも、まだまだあまいようで‥‥心の通い合いとは難しいもんですね~、ナルト?
ナルト疾風伝  ナルト疾風伝
ガマ竜の足踏んじゃいましたね。


ナルト疾風伝
っと、『カエルの歌』の替え歌を輪唱している時、ナルトの中を突き抜けた感情。何かがピーンときたみたいです。

「あんれ?!今、なんかピーンとこなかった?? な?ガマ竜!。」 と言われてもガマ竜にはさっぱりだよね。

そこで、ナルトはガマ竜と本当に心が通い合ったか確かめるが‥‥
ナルト疾風伝
ってその確かめ方って ジャンケン?!

んでもって、
ナルト疾風伝  ナルト疾風伝
「お前の名前は、ガマ竜~~!!」 っておい、ナルト‥
そこですかさず、ガマ吉が、「それは、気があったとは言わんじゃろ~。」 と。確かにその通りでございます。

その後もガマ竜と修行をしたナルトだったが、さすがに疲労が限界にきて倒れてしまった。でもそこに現れたのは~~~、アイスを持った自来也 だった。
ナルト疾風伝
「ほれ、これでも食わんか。」 優しいんですね~~~。それに、アイスを二つに割るところの シャッキ ってとこが涼しそう。

「結局皆、お前を認めざるをえないのかもしれんな。ガマ竜もガマ吉も サクラや綱手 そしてわしも‥ いつのまにかお前の頑張りを認めてきた。何がそうさせるのか。」
「そりゃ~、諦めね~ど根性だってばよ。サスケは‥‥どうかな 俺を認めてくれてるのかな。」
「‥だといいがの~。」


ナルト疾風伝  ナルト疾風伝
自来也さんとナルトの背中合わせの図に萌えました。師弟愛って無条件でいいなぁと思ってしまいます。ナルトを見守る目線が優しくてしんみりします…
サスケは多分、そのナルトの根性は認めてはいると思いますけど、多分聞いたら鬱陶しいって答えるかもしれません。

「ナルト、頑張れよ。頑張って本当に火影に‥‥  諦めねえ~ど根性で 頑張れのう ナルト」
個人的には無茶をするナルトはあんまり火影に向いてないと思うんだけど、でも、ナルトならやり遂げることができるって気がするんだよな~。自分の言ったことは曲げない、それが彼の忍道だもの。

その頃木の葉では、綱手さんが届いた結晶の欠片を分析に回していました。
ナルト疾風伝


自来也はナルトに、木の葉に帰っても修行をするようにガマ竜とガマ吉を残して、暁の動向を探るべく旅に出た。ガマ竜=お菓子 ということで、それを頼む、と一言紙に書くのがなんとも。
ナルト疾風伝

結局ナルトはまた一人で修行の続きをすることに…
カブトと大蛇丸のアジトへ向かう幽鬼丸は、途中里へ帰るナルトを見かけます。

一方八班はというと、暗闇の中で捜索を続けていました。

ナルト疾風伝  ナルト疾風伝
いつみても赤丸は可愛い~~。でも、子犬の時の方がもっとラブリーだったけど。ほんと逞しくなったよね~~。


その時シノは晶遁の術を喰らいたった一匹だけ生き残った蟲の気配を察知した。その一匹は、敵の術に対し免疫を持ったかもしれないとのこと。蟲の寿命は短いもので数時間、短期間で免疫を持った蟲を増やすことができるかもしれない…となれば、敵に対抗する手段たりえるのですね。

ナルト疾風伝
「気配はある」
「っど、どこだ」
「俺の蟲のことだ。そんなに緊張することはない。」
「なんだ‥蟲のはなしか。脅かすなよ。」
 っとキバとの会話をしていますが、いつも通りシノは冷静ですね。

生き残った蟲を探すために、ヒナタとキバも協力するというのですが、シノってばはっきり断りすぎですよ(笑)
キバ曰く、「もっとやんわりとした言い方できねえのかよ~。」 それに対してシノも、
「事実をぼかした言い方は時間の無駄だ。」 っと、これまたきっぱりと。シノの言い分も分かるけど、やはり言葉のいいようは大事だよね。

たしかにシノは時々回りくどい言い方しますからね、それと比べたらわかりやすい方がいいかも?(笑)

アジトで命がけの戦いが行われることを知っていた者たちが紅蓮の部下となった… ただ、この仲間も本当に信用しあえる者ではないようで、お互いを監視して牽制している感じですね。シノの寄壊蟲が生き残っている情報が知れてしまうとなると、八班にとって不利な状況になってしまうと思うんですが…
近くで犬笛を聞き分けた赤丸。でも、超音波で伝え合う蝙蝠が相手なのはちょっと厄介なのかも?

里に帰ったナルトを待ち受けていたのは木の葉丸!!公衆の面前でおいろけの術なんて使うから殴られちゃうんですよ。

おやつを買い忘れたナルトは木の葉丸に買い物を頼みますが、こんなこと続けてたら破産します。お金がいくらあってもたりないです。

ナルト疾風伝
ナルトのカエルちゃん財布。欲しいです。!!

ナルト疾風伝
木の葉丸が買ってきた大量のお菓子もガマ竜がペロリ。一口です。しかも器用にも袋ごと食べて容器だけ吐き出すガマ竜に木の葉丸も関心。確かにすごい‥‥


お腹を満たしたところで、早速修行に取り組もうと、ガマ竜の水鉄砲とナルトのチャクラを
あわせることにしたのですが、ガマ竜は水遁の術が使えないんだとか…
しかも同じくガマ吉もできないとか…どうするんだこの先(笑)

ナルト疾風伝
「俺には水遁のスキルはないんじゃ~~」  ってオイ!!!!
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ermine.blog59.fc2.com/tb.php/428-4c08aed2

Menu

プロフィール

ジジ

Author:ジジ
ようこそ吾がブログへ!!日常のあらゆる事や思ったこと、徒然書いていきますのでよろしく。

最近の記事

黒ねこ時計 くろック

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログペット

ネコちゃんをマウスでクリックすると、何かしゃべるよ^^

トラバわんにゃん

br>

株式会社 HARMONY- HARMONY -

ぽけでび

くろこさん

ぽけでび

さすらいペット

ブロとも申請フォーム

夏目友人帳

にゃんこ先生大好き~~~~♡♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。