FC2ブログ

猫の気まま日記

毎日いろいろな事がありますが、それも人生。Tomorrow is another day。日々の心境書き綴ります。

*Admin

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

続夏目友人帳 第十一話【呪術師の会】

続夏目友人帳


「手負いの妖が助けを求めるかのように、夏目の元に現れる。夏目の強い妖力を感じ取りやって来たのだろう、という名取は、夏目を呪術師の会合に誘う。
同じ力を持ち、同じ痛みや苦しみを知る人達の中でなら、自分のできることを見つけられるかもしれないと、夏目は先生と共に会合に向かう・・・」



この土地に来てから与えて貰ってばかりの様な気がする。俺も誰かの為に何かを出来る存在になれるだろうか?

塔子さんとの買い物の帰り道、手負いの翼を持った妖を見かけた夏目とにゃんこ先生。今日はおとなしくひもにつながれているにゃんこ先生ですが、すぐさま夏目とあやかしを追って走り出す。

森に力つき、落ちるあやかし。

だがそこにたどりついたとき、その妖を狙って、大きな鬼の顔をした協力な妖が現れ、あっというまにその手負いの妖を喰って飛んで行ってしまうのだった----------。その妖は助けを求める目をしていたけれど助けることができず、呆然と見ていた夏目の傍に逃げたか、と柊登場。地面に残る妖の羽根と血。

柊が来たってことは~~、名取さんもいるってことだよね。久々ですね~~、名取さん。
続夏目友人帳 11

名取さん曰く、さっきの頭でかい妖は、この辺の妖怪を喰い荒し、しかも最近は家畜も襲い始めたらしい。退治するために柊に探させていたと名取。夏目を縋る様な目で見ていた鳥妖は夏目の強い妖力を感じ助けを求めて来たのかもしれない。

そこで名取は夏目に仕事を組んでみないかと持ちかけ、呪術会の会合に誘う。妖怪の多いこの地で時々術を行う人が集まり、ただ感じるだけの人や本当に見える人が…

「君には力がある。君の力を頼りにしている連中もいる。放っておけるかい?」
黙って見つめる先生が意味深です。

「そこへ行けば、俺と同じ人たちがいるんだろうか。ひょっとしたら その人たちの中でなら 俺にも出来ることが見つけられるかもしれない」
会合には自分と同じ人が居るかもしれないと思った夏目は、会合に行くことにする。まあ~、名取さんが一緒ってことで塔子さんも安心ですよね。

名取さんにもらった地図をみながら歩く夏目とにゃんこ先生。
続夏目友人帳 11


「飲み会会場はもうすぐか?」って先生!!本題取り違えてませんか??「飲み会」じゃなくて「会合」です。でも会合にはお酒がつきもの、ってことはにゃんこ先生にはどっちも同じってか^^

会合の場所に行くと、小さな妖が道案内をしてくれた。確かにこれなら妖が見えない人は目的地にはたどり着けない。よく考えてありますね。
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11


途中で別の妖が夏目を食べようとしていたのを名取が注意して追い払う。
「それに触るな。食おうというつもりなら、その肩の猫が黙っていないぞ。」
そのとお~~~り、にゃんこ先生がいる限り無理でしょうね。
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11


突然柊に服を脱がされそうになった夏目はすぐさまパンチをお見舞いしてしまう。柊は魔除けの文字を体に書こうとしていただけだったんですね。でも強引に脱がさなくても‥‥
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11

「魔除けの文字だ。本来は心臓の上に書く。これで襲われても、左腕だけは残るだろう。」
「へえ~~。ありがとう。」

って夏目~~~~。そんな笑顔で‥‥??!!左腕残っても心臓がなかったら死んじゃうじゃない~~。柊も柊で、左腕だけは残るって‥‥そんな言い方~~~~。

「耳なし法一は耳を食われたようだが、おまえは体を食われるんだな~~」
「食われないよな~~ 先生がいるんだから。」

お二人のトークはみててほのぼのします。にゃんこ先生はああ言ってるけど、いざとなったら夏目のことが心配だし、夏目もにゃんこ先生のことを頼りにしてるし。ホント、二人ともツンデレだな~~~。

こんな山奥に立派な建物です。会合の会場は人と妖の見分けがつかないほど大勢いた。同じ痛みを知る人が居るだろうか?
名取が、ここに居るものは皆情報を欲しがっているが素性を知られたくないものも居るということで、夏目にもマスクをするかと訊ねる。しかし、とうの名取はというと‥‥

「隠そうとしても隠れるものでもないからね~、このきらめきは
キターーーーーーwwwww 名取さんのキラキラ~~~~。でも自分の事をそう言い切る名取さんは流石です。
続夏目友人帳 11

久々にみた名取さんの動く痣。しかしこの痣、決して左足には行かないみたいで。この痣すっごく気になりますが、今後これについての説明はあるのでしょうか。
続夏目友人帳 11


名取に声を掛けてきたのは的場一門の七瀬。
「会長は、会場をぐるっと見回すと、面白いものをみたと言って帰ってしまった。」
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11
面白いもの‥‥。って、にゃんこ先生~~~~~!!!やっぱり飲み会と勘違いしてるし~~~。食べちゃ~~飲んで、飲んじゃ~~食べて。このままじゃ本当に太っちゃう~~~。

夏目を紹介したら七瀬はレイコを知っているかと訊いてきた。七瀬は妖達の話題でレイコはとても奇麗で強い力を持った人だったと聞いていた。夏目が祖母だと答えると、まだご健在かと訊いてくる。若いうちに亡くなったと話し、詳しくは知らないと言う夏目に七瀬は、
「知りたいとは…思わなかったのかい?」と訊いてきた。訊ける立場じゃなかった。ずっと…誰にも…
こんな風にレイコのことを尋ねてくる人は居なかった。

「だが、もう一人で戦うことは無いよ」
と七瀬に言われて、
(本当に、本当にもう俺は人を信じても良いのだろうか?)
と思う夏目。それを訊いていた名取の冷ややかな視線が気になります。

七瀬は名取が追っている妖の話を口にし、賞金も高いから、退治は出来なくても封印は出来るでしょうと言う名取に魔封じの壺を餞別に渡す。確か、にゃんこ先生も前持ってたよね、これに似たの。「魔封じの鏡」(ドラえもん風に言ってのけたシーン。)今回は壷ですか。
続夏目友人帳 11

「どうも的場一門はいけ好かないな」
名取さんは的場一門を嫌っている感じですね。

名取は夏目と七瀬の会話から、祖母も妖が見える人だったのだと知った。名取に言われて、レイコの事を話していない、友人帳のことも話していなかったと気づく。名取に話すべきか考えていたら掲示板に、昨日遭遇した顔デカ妖の似顔絵を見つける。
顔デカ妖に式を喰われた連中が、多数居るから賞金が高くなっていると話す名取。
夏目に助けを求めてきた妖を喰った顔デカ妖。自分に何か出来ることはないだろうかと考え、名取が夏目に飛ばした紙人形で探せないかと…

名前が分からないので無理じゃないかなと言った名取ですが、夏目ほどの力があれば名前が分からなくても飛ばせるかもと、水を使ってテーブルに陣を書く。目的の妖を頭に思い描き、夏目の命に従った紙人形。外に探しに出た紙人形が、建物の中に戻ってきた。というこは指名手配の妖は建物の中にいる。夏目と名取は紙人形の後を追う。

「妖力の強い人間は美味だからな~、食いにきたのかもしれん。」ってにゃんこ先生~~~~。そんなゆっくり構えてていいんですか~~~~?

「守らなければ、ここに居る…同じ痛みを知る人達を…守るんだ!それくらいなら、きっと俺にも出来るはずだ」

柊が顔デカに遣られて襲われそうになったのを、夏目が庇って腕を喰われた。でも喰われながらパンチを食らわせて撃退。相変わらず夏目のパンチの威力は凄いです。

続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11

ここに来る前に柊に魔除けの文字を書いてもらっていたので、喰われた左腕は無償でした。
にゃんこ先生に逃げた顔デカを追ってもらうことに。

「先生!!」
「っち、追ってやるわ阿呆。」


斑登場~~~~~ やっぱりかっこいい~~~~~!!さすがはにゃんこ先生、いざとなったら逞しい~~力強い~~素敵~~~!!
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11

拳一つで追い払った夏目に、部屋に居た参加者は驚き、夏目と名取が後を追って部屋を出ていったのを見ている七瀬。妙に不気味な感じがしますね、なにかありそうな予感。

名取が陣を描き、夏目が協力して顔デカ妖を魔封じの壺に封印する。ぶっつけ本番で成功しました。でもこれは妖力の強い夏目だったからこそ出来たことだと思います。
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11

しかし、頑張って追いかけて、封印の時まで時稼いでくれたにゃんこ先生はというと、

「アホどもめ 私まで吸われたらどうするつもりだったんだー」
と、危うくにゃんこ先生も封印されるとこだったので怒っていました(笑)

名取にお礼を言われて、「嬉しいです。おれなんかでも役に立ったのなら」と卑屈な物言いをする。夏目が焦っていることを感じた名取は、人は無茶をしても強くはならない、まずは自分を知ることだと教える。
魔封じの壺から羽が現れ七瀬の元に飛んでいってしまった。はじめから七瀬はあの妖を捕まえて式にするつもりで名取を利用した。夏目に助けを求めてきた妖を囮に、捕まえようとしていたと話す七瀬。七瀬の、妖を嫌っているような発言を訊いてショックを受ける夏目。

「妖怪が見える人に会えたなら、痛みや苦しみを分かち合えるとだろうと…それは素敵なことだろうと思っていた。だけど、俺と同じような人こそが、俺にとって危険な、そう、友人帳の存在を知られてはいけない相手なんじゃ」
「どうせあの女には使えんよ。あの壺 おまえの掛けた封印をそう簡単に解けるものか」

と、にゃんこ先生は夏目が封印した魔封じんの壺を、七瀬は使えないと…
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11



にゃんこ先生もちゃんと考えてますね、妖を退治した賞金は山分けだそうで^^
夏目と別れた名取はまた仕事へ。次の仕事はまた厄介な相手のようですね。

「強くなりたいと思った。せめて守りたいものと出合うことができたのだから。

妖を同じように見える人達だったら、分かり合えると思っていた夏目。そう思っていたのに七瀬の言葉は夏目にショックを与えた。見えない人よりも危険だと感じてしまったのだ。
友人帳の存在を知られたら、特に七瀬のような考えの人に知られたら、悪用されてしまう。
少し人を信じようとしてきた夏目の心にストップをかける出来事でした。にゃんこ先生がフォローを入れてくれたのが救いでしたね。

最後にすれ違った小学生3人の中にいた、片目が前髪で隠れていた男の子が、妙に気になる描写だと思ったら、次回の話に関わってくる少年のようです。そして隠れて夏目を狙っている?モノは誰なのか?夏目を狙っているのかとも思いましたが、少年のほうかもしれないですね。

今日のアイキャッチ
続夏目友人帳 11
これはゴキブリですかね。にゃんこ先生の目線がかなり気になりますが、まさか‥‥食べようって思ってないですよね~~~。高貴なあなたには似合いませんよ!!

今回のラブリーにゃんこ先生
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11
続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11続夏目友人帳 11
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ermine.blog59.fc2.com/tb.php/477-7c2a36db

Menu

プロフィール

ジジ

Author:ジジ
ようこそ吾がブログへ!!日常のあらゆる事や思ったこと、徒然書いていきますのでよろしく。

最近の記事

黒ねこ時計 くろック

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログペット

ネコちゃんをマウスでクリックすると、何かしゃべるよ^^

トラバわんにゃん

br>

株式会社 HARMONY- HARMONY -

ぽけでび

くろこさん

ぽけでび

さすらいペット

ブロとも申請フォーム

夏目友人帳

にゃんこ先生大好き~~~~♡♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。