FC2ブログ

猫の気まま日記

毎日いろいろな事がありますが、それも人生。Tomorrow is another day。日々の心境書き綴ります。

*Admin

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

黒執事 第23話【その執事、炎上】

黒執事


「焼け落ちてしまったファントムハイヴ邸。タナカが焼け跡のなかで、一人日記を綴っていた。
一方、蒸気客船の貨物室内で、荷物の影に隠れているシエルは、葬儀屋に出会い、ロンドンで多くの魂の回収が必要なことを教えられる。
その時、人々の絶望の叫び声がして、シエルはデッキに出る。デッキからはロンドンの町が赤く炎に染まっているのが見えた。そして葬儀屋から、自分がもうすぐ死ぬということを告げられる。」
by公式HPより

炎の街と化したロンドン。燃え落ちてしまったファントムファイヴ家。リアルタナカさんにとっては2回目のロンドンの炎・・・。彼はそれを記すことしかできないという。一体彼はいつからこのファントムハイヴに仕えているのか。そしてその正体は・・・?最後まで謎の人物で終わりそうな人ですね。

そして、一人取り残されたシエルは何とかロンドン行きの小型船の貨物室に忍び込んでやり過ごしていると、突然目の前に葬儀屋@諏訪部さんが!葬儀屋から食べ物もらってましたが、持ってるんですねこんなものも(笑)
どうやらウィルに言われてロンドン方面で人材が手薄になるということで呼び出され、シネマティックレコードの延滞をダシに借り出されたんだとか!というかまだ返却してなかったんですか。少しだけ寄り道をしてシエルに迫る「死」を教えてくれる。

人々の叫び声に気づき、甲板に出て行くと、ロンドンの街が炎で赤く染まっていました。

「伯爵には何かと縁があるからね とりあえず、これだけは伝えておこうと思ったのさ。伯爵‥ 君はもうすぐ…死ぬよ」
不吉な予言めいた言葉を残した葬儀屋は、すぐに姿を消してしまいました。死神の予言って、あたるとしか思えないんですけど、どうしてわざわざ葬儀屋はそんなことを言いにきたのか。

「セバスチャンはもうここにはいない。だとしたら これから待つ僕の死に方は 無駄死に、か…燃えていく 憎しみも、痛みも 全てが赤く燃えていく…」

あくまでも自由に生きているように見える葬儀屋も…死神らしく人の「死」に関る事柄からは決して離れられないんだろうな…。炎で燃えている町の路地裏で赤ん坊の泣き声が。その傍らのたつのはグレル。同じ死神のグレルでも死にかけた者に止めを刺す事は許されない。死神界も…どうやら許されない事をした場合の罰が、しっかりある世界なのですね。魔犬の声を聞いて、今回の天使の所業に悔しそうな…忌々しさを感じるグレル。
「痛いでしょう?苦しいでしょう?悪いわねえ アタシには止めを刺してやることができないのよ」
ってシネマティックレコードの回収にただ働きさせられてるんですかね。今回のグレルは真面目に働いてます(笑)
黒執事 23黒執事 23


女王陛下と共に新世紀の英国を創世しようとしていたアッシュですが、例え体が朽ち果てようとも夫の魂と共にありたいと浄化を拒否する女王に嫌気がさし、早々に見限ったようですね。というか、ツギハギだらけで腐り始めてる体って大丈夫なんですか??よくこの日まで生きていられましたね。

「僕は女王に止めをささなかった。いや‥させなかった。憎しみを捨てたら、あの日からの僕は存在しないことになる そんなのは僕じゃない。僕は憎しみを失わない! 憎しみを捨てたら僕は存在しない。なら‥ここにいるのは誰だ?」
船の中で、女王に止めがさせなかった理由を考えていたシエル。シエルに残された選択肢は、居場所が残っていなくてもロンドンへ向かうこと。だから、そのためなら例え大切なブルーダイヤでさえも渡してしまうんですね…。

まわりの惨状に呆然とするシエルを喜びながら見下ろすアッシュ… そしてその傍にはセバスチャンの姿が!!シエルが戻ってくると踏んで先に待ち伏せてたんですかね。アッシュに向ける感情のない冷たい視線が…でもそんなセバスチャンも好きです♪
黒執事 23黒執事 23黒執事 23
黒執事 23黒執事 23黒執事 23



全ての不浄を消し去るためにロンドンに火を放ったアッシュ。
「主人のために 私に戦いを挑んだあなたが 主人の悲劇を私と共にこうして眺めている」
「主人の命令がなければ 私が動くことはありません。そして 今の私に 従うべき主人はいない」
シエルにセバスチャンが手を貸そうとしないのは、やっぱり失望したからだったのかなぁ…
憎しみを抱えてそれでも立ち止まらないシエルこそ自分の仕える主人だと感じているからなんですかね?
主人を失くしたというセバスチャンに共に一つになろうというアッシュ。
「お望みならば私が 女として貴方を受け入れることもできます」
アッシュの体には胸が…アッシュとアンジェラはやっぱり同一人物だったんですね。その直後のセバスチャンの嫌そうな表情に激しく同意です!
黒執事 23黒執事 23黒執事 23
黒執事 23黒執事 23黒執事 23



「守りたいのは お屋敷だけじゃないよ。僕は お屋敷の笑顔を お屋敷での日々を守りたいんだよ。そのためには誰一人欠けちゃ駄目なんだ」と、プルートゥを元に戻そうと努めた三人…。理想は確かにそうだけど…どれだけ願っても人には叶わない想いや、過去の日々があるのが現実で…。
「自らの誇りを奪われ、目的さえも見えず生きていることがどんなに惨めな事か…お前らならば分かるだろう」
とのシエルの言葉に…涙を流して同意し射殺する事を決意する。
誇りも目的も無く、完全に自由を奪われ操られるままであるなら…それならば『死』を…これは…まぁ人それぞれ考え方は異なるかもしれないけれど…『救い』でもあると思う。殺してあげる事こそが…。
黒執事 23黒執事 23黒執事 23
黒執事 23黒執事 23黒執事 23

「走るしかない どうせ死ぬなら…アイツの望む魂で死にたい。それは…僕自身が誇りを取り戻すための――」
馬を駆り女王のもとへ向かったシエル。まるで時が止まったように動かない憲兵の傍を通り抜け女王の部屋に向かうと、彼女はベッドの上で既に息絶えていました。結局、夫とともに永遠にありたいと思ったのは浅はかな望みだったんですよね。しかし、シエルが女王を殺害した犯人だと誤解され憲兵に囲まれてしまいます。これもアッシュの仕業なんでしょうか。
黒執事 23黒執事 23黒執事 23

「僕はここで立ち止まるわけにはいかない!
僕の血が 僕の魂が…こんなところでは 終わらない!」

銃で体を撃ち抜かれたシエルが思い出したのは、セバスチャンとの契約の言葉‥‥ 流れた血が陣を象り、シエルの頭の中にセバスチャンの声が響きます。
「お目覚めですか、坊ちゃん」

セバスチャン登場!!!シエルに向けられた銃弾を全てキャッチ。いつも通り相変わらずかっこよすぎです。
黒執事 23黒執事 23黒執事 23
黒執事 23黒執事 23黒執事 23

全ての決着を着けるために、シエルはセバスチャンにアッシュの元に連れて行くよう命じます。これでいよいよのラストゲーム、チェックメイトです。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://ermine.blog59.fc2.com/tb.php/481-545649b1

Menu

プロフィール

ジジ

Author:ジジ
ようこそ吾がブログへ!!日常のあらゆる事や思ったこと、徒然書いていきますのでよろしく。

最近の記事

黒ねこ時計 くろック

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログペット

ネコちゃんをマウスでクリックすると、何かしゃべるよ^^

トラバわんにゃん

br>

株式会社 HARMONY- HARMONY -

ぽけでび

くろこさん

ぽけでび

さすらいペット

ブロとも申請フォーム

夏目友人帳

にゃんこ先生大好き~~~~♡♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。